自分でできる卒業式の髪型を知りたい


自分でできる卒業式の髪型を知りたい

卒業式の髪型は、着物や袴を着る予定なら着付けをしている美容院でヘアアレンジも合わせて行ってくれることが多いので、予約を取る時にはヘアの予約も入れておきましょう。

 

着付けしている場所でヘアアレンジをしていない場合には、美容室にお願いしてヘアセットをしてもらうこともできますが、工夫次第では自宅で自分でサッと卒業式ヘアを作ることもできます。

 

 

衣装に合わせた髪型にしましょう

卒業式の髪型は、なんといっても衣装にあっていることが大前提となります。

 

WS000014

出典:http://hgu.jp

着物や袴のように和服で出席する場合と、スーツやドレスで出席する場合とでは、似合う髪型が異なりますし、ドレスやスーツのデザインや雰囲気によってもピッタリの髪型は異なります。

そのため、卒業式に何を着るかが決まったら、服に合わせて髪型選びをするのがおすすめです。

 

簡単にできる卒業式ヘアの作り方とは

ヘアアレンジに自信がない人や、どんな髪型が似合うかわからないという人は、簡単にできる卒業式ヘアの作り方のポイントを抑えておくと、技術がなくても高い完成度で仕上がります。

 

まずショートヘアの場合には、ストレートにするかヘアアイロンでカールをつけるかどちらでも良いのですが、分け目はアシメトリーにして耳元に大きめのヘアアクセサリーをつけると豪華に仕上がります。

 

また、ミディアムヘアよりも長い髪の場合には、思い切ってアップにすると良いでしょう。

その際には、ポニーテールよりもお団子ヘアの方が豪華な感じを出せますし、アイロンで巻いてからお団子ヘアを作れば、うまく作れなくても失敗することなく程よい感じに仕上がります。

 

WS000017

出典:http://allabout.co.jp

お団子部分に大きめの花などを差せば、一気に卒業式感が出ますね。

 

ヘアアレンジを終えたら、ヘアスプレーで固めよう! 

自分で卒業式ヘアを作る際には、時間がたっても崩れにくい工夫も必要です。屋内では長時間同じスタイルを維持できても、湿気があったり風が吹いている屋外では、ヘアスタイルはしっかり維持できる工夫をしなければ一気に崩れてしまいます。

 

髪型が完成したら、ハードタイプのスプレーを全体にかけてスタイルが長持ちするためのひと工夫をしてあげてくださいね。

こうしたスプレーにはいろいろなタイプがありますが、髪が長い人なら指が通るナチュラル感のあるスプレーが良いですし、ショートヘアの場合には思い切ってハードスプレーで髪型を固めてもOKです。

 

また、場合によってはウィッグを使うという方法もあります。ウィッグはあらかじめヘアがセットされていますし、帽子感覚でかぶるだけでオシャレな髪型になるので、自分が希望する髪型を自分の髪で作れない場合にはぜひ活用してみるのも良いでしょう。


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です