袴(はかま)での卒業式に似合う髪型


袴に似合う髪型とは

大学生の卒業式と言えば、袴(はかま)で卒業式に臨む人が多いのではないでしょうか。同じ「和」の雰囲気を持つ着物と袴ですが、袴は大学生の卒業式ならではの服装として確立されている感があります。

WS000049

出典:https://www.hakama-rental.com

もともと袴は明治時代に広まった服装で、それまでは認められていなかった女性の「学校に通う」と言う社会進出に合わせて浸透したものです。

畳の上ではなく椅子に座りやすい服装、そして動きやすい服装と言うことで、着物の足の部分を男性の袴のように改良されたものなのです。

 

オススメは「はいからさん」!

そんな袴を卒業式で履く場合には、髪型も着物を着る時と同じような髪型ではなく、袴に似合う髪型がおすすめです。

イメージ的には、昭和の頃に漫画で大人気となった「はいからさん」をイメージすると、どんな髪型がに合うのか想像しやすいのではないでしょうか。

WS000050

出典:http://cinema.pia.co.jp

着物のように髪を全てアップにしてしまうわけではなく、ハーフアップにするのが袴にピッタリの髪型ですが、美容室では「袴に似合うヘアアレンジをしてください」と言っても具体的にはっきりイメージできないことも多いため、美容室で髪をセットしてもらう場合には、あらかじめ写真などを持参することをおすすめします。

WS000051

出典:http://tv-champion2.jugem.jp

そして卒業式や入学式のイベントでは、少しでも華やかさを出すためにヘアアレンジの前にアイロンで髪をしっかり根元から巻いておく人が多いのですが、袴を着る場合にはあまり巻きすぎると全体の印象がチグハグな感じに見えてしまうので、気を付けなければいけません。

アイロンで巻きたい場合には、毛先のみを巻くようにし、明治時代の女性を彷彿させるような美しいストレートヘアを楽しむのも、袴で式に臨む際の醍醐味かもしれませんね。

 

卒業式といえば生花でしょっ!

また、卒業式で袴や着物などの和服を着る場合には、髪にはアクセサリーをつけて豪華な雰囲気を出したいものです。

スワロフスキーなどのキラキラ光るアクセサリーも素敵ですが、卒業式ならではのヘアアクセサリーと言えば生花ではないでしょうか。

WS000052

出典:http://pnobuko.seesaa.net

 

WS000053

出典:http://item.rakuten.co.jp

ユリなど和の雰囲気を持つ花を一輪、カンザシのように髪につけるだけで、人工的なヘアアクセサリーとは全く違うレベルの華やかさを醸し出すことができます。

生花をヘアアクセサリーとして使う場合には、生花がカンザシの役割りをしてくれるわけではなく、花はあくまでも髪型を完成した後に最終的につけるワンポイントの飾りであることは理解しておかなければいけません。

ゴムやピンで髪が崩れないようにしっかりとヘアアレンジをした上で生花をサイドに飾れば、時代を超えてステキな和服美人に仕上がるのではないでしょうか。


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です