入学式で崩れにくい髪型を知りたい



スポンサーリンク


入学式は崩れにくい髪形で挑もう!

入学式と言っても、子供の年齢によって母親がどのぐらいリラックスして父兄席に座っていられるかは変わってきます。

中学生や高校生、大学生となれば、入学式は親はただ座ってみているだけで良いのですが、幼稚園の入園式や小学校の入学式では子供がまだ小さいので、親ものんびり落ち着いてドレスやスーツに身を包んだままリラックス、なんてことはできないことも少なくありません。

 

入学式で崩れにくい髪型にすべき理由

髪型によっては、あまり活発に動き回るとすぐに崩れてしまうヘアアレンジや、時間がたったりその日の湿度によっては入学式の会場につくころに崩れてしまったりして、せっかくの式では崩れた髪型で臨まなければいけないなんて悲劇にもなりかねません。

入学式では子供も大人も、できるだけ時間がたっても崩れにくいヘアアレンジをすることが必要です。

 

入学式 子供の髪型編

まず子供の髪型ですが、子供はどうしても動き回りますし、動くと髪型が崩れてしまうかもしれないなんてことを心配させてしまうのも嫌なものです。

そのため、動いても崩れないように、アップヘアをする際には滑らないゴムでしっかりときつく結んでおくようにしましょう。

子供の髪質は大人よりもツルツルでサラサラしていることも多く、大人と同じようなヘアスタイルだと子供の髪があっという間に崩れて、せっかくのアップヘアでも後れ毛がどんどん出てしまい、式までにだらしない髪になってしまうこともあります。

WS000000

出典:http://beauty.hotpepper.jp

 

そのため、髪質がサラサラな子供の場合には、あえてポニーテールやお団子ヘアを作るよりも、ハーフアップや編み込みヘアなどにして、崩れても気にならないヘアスタイルを作ることもおすすめです。

 

WS000001WS000002WS000003

出典:http://ameblo.jp

 

入学式 大人編

そして親の場合にはゴムやピンを多用したり、ヘアワックスやスプレーを多用することで、ある程度崩れにくい髪型を作ることはできます。

しかし、髪質によってはヘアアイロンで巻いた髪もすぐにカールが取れてしまったり、せっかくオシャレなヘアスタイルにしても雨が降っていたりして会場につくまでに崩れてしまうなんてこともあるかもしれません。

そのため、崩れても気にならない髪型を作ったり、崩れてもある程度形になるようなヘアスタイルを心がけると良いでしょう。

WS000004

出典:http://www.bibeaute.com

ポニーテールやお団子などのアップヘアを作る場合には、毛束をいくつかに分けてねじってからゴムで止めると、それだけで髪のねじれがおしゃれな雰囲気を演出できますし、ゴムでしっかりとめれば時間がたっても崩れにくいので、おすすめです。また、ゴムは滑りにくいシリコン製がおすすめです。

 

 


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です