入学式の髪型で失敗しないためのコツ


入学式当日の朝は時間短縮で乗り切ろう!

入学式の日は、親子ともども大忙しです。子供が主役のイベントですから、まずは子供のドレスやスーツを着せて、髪型もアイロンで巻いたりアップにするなど、オシャレでゴージャスに整えてあげなければいけません。

 

そしてその後、おそらく外出間際になってしまうことが多いのですが、空いている時間の中で自分自身の髪型を作らなければいけないのですから、お母さんって本当に大変です。

そんな限られた時間の中で、焦りながらヘアアレンジしても失敗しない髪型を作るためには、いくつかのコツを覚えておくと便利です。

ドライシャンプーで時間短縮しよう!

まず、普段は朝シャンしている人でも、朝忙しくなることが分かっている入学式の時には、前日にしっかりシャンプーをしておき、少しでも朝にかかるヘアケアの時間を少なくするように努めましょう。

皮脂分泌が活発で、夜シャンでは朝になると髪がペタンコになっているという場合には、ドライシャンプーを使ってみてください。

 

このドライシャンプーは頭皮や髪についている皮脂を吸収してくれるので、その場で髪のベタベタが解消されてスッキリさわやかになります。

 

 

スプレータイプのものが多く使いやすいので、アップヘアでボリュームアップしたい場合などには、直前に軽くドライシャンプーを吹きかけてからまとめると、まとまりやすくなります。

 

ヘアアイロンを使わずに巻き髪を作る方法

また、ヘアアイロンで巻き髪を作る人も多いものです。入学式の時には子供の髪もアイロンで巻かなければいけないと、そこに時間がかかってしまうので、子供の後に自分の髪を巻くというのは時間がかかりすぎて面倒なものです。

そこでおすすめなのが、カーラーをつけて就寝するという方法です。

 

 

夜シャンした後に髪をしっかり乾かしてストレートアイロンなどで仕上げたら、髪を細かくブロック分けして太めのヘアカーラーを巻いておきましょう。

WS000009

出典:http://blog.goo.ne.jp

ヘアドライヤーで髪を乾かしても内側には水分が残っているので、ヘアカーラーを巻くことによって髪が自然にクセづけされます。そうすることで朝起きた時にはアイロンを使わなくてもしっかりとカールがついていますし、そのカールは夜まで取れにくい丈夫なカールなので、ヘアアレンジの後に軽くスプレーするだけで外出できます。

 

ただし、カーラーは巻く方向や強さなどによっては、寝ている間にはずれてしまったり、変な方向に癖がついてしまうなど、簡単そうで意外と使い方は難しいものです。

 

いきなり入学式の前日に本番と言うのでは失敗した時にリカバリーが大変ですから、普段から定期的に使いこなしておくように心がけることもおすすめです。


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です