メンズの髪型を長持ちさせるコツ



スポンサーリンク


メンズの髪型を長持ちさせるコツ

毎朝たっぷり時間をかけて朝シャンしたりドライヤーで髪を乾かしたり、ワックスを使って丁寧にヘアアレンジをしても、時間とともに髪がグッタリとボリュームがなくなってしまったり、朝のヘアスタイルが夕方にはまったく別人の髪型になってしまうということは少なくありません。

これは、ヘアアレンジした髪型を長持ちさせるための「最後の仕上げ」をしていないことが原因なのかもしれません。

 

 

髪型が崩れやすい環境とは

ヘアワックスで髪全体にボリュームを出したり、毛先を遊ばせることで、オシャレなヘアスタイルを作ることができます。

しかし、空気が乾燥していて髪型が崩れにくい屋内では、その状態を長時間維持することができても、湿度が高かったり風が吹くなど、髪型が崩れてしまう要素がたくさんある屋外では、なかなかそういうわけにもいきません。

そのため、ヘアワックスで髪型を作り込んだ後にはヘアスプレーを使って髪を固めてあげる工夫が必要です。

 

 

 オススメのヘアスプレーとその使い方

ヘアスプレーと言ってもいろいろな種類があり、髪がどのぐらい固まるのかが異なります。メンズの髪型を長持ちさせるために使うなら、ハードタイプのものがおすすめです。

ハードタイプのスプレーと言うと、ヘビメタバンドのように髪が重力に逆らうほど直立しているヘアスタイルを作るためのヘアケアアイテムをイメージする人が多いですし、実際に彼らが使っているのもハードタイプのスプレーなのですが、使用する量を調整することでナチュラル感を残しながらオシャレな髪型を長時間維持することができます。

WS000033

出典:http://ameblo.jp/spaadia/entry-10137587565.html

まず、ヘアスプレーを使う際には、ヘアワックスなどで髪型を仕上げた直後にサッと使うのがポイントです。

ヘアワックスだけではどうしても時間とともにシンナリとボリュームダウンしてしまうので、そうなる前にカチッとスプレーで髪型を固めましょう。

そして、スプレーを使う時には一か所にたっぷり吹きかけるのではなく、髪から少し距離を取ったところから頭全体にバランスよくスプレーしてあげると良いでしょう。

WS000034

出典:http://sourinn.com/533.html

スプレーは髪の根元につける必要はないので、崩れてほしくない毛先を中心にサッとスプレーするのがコツです。

 

WS000035

出典:http://xn--o9jo9cvb.jp/14786.html

特に、ボリュームがダウンしてしまうと全体の髪型が決まりにくくなってしまうトップの部分には、念入りにスプレーしてあげるのがおすすめです。

また、スプレーを髪の表面だけでなく内側までしっかり吹きかけたい場合には、髪を手で持ち上げながら内側にスプレーするという方法もあります。内側からボリュームアップをサポートしてくれるので、雨の日でも崩れにくい髪型が作れます。


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です