男受けする浴衣の髪形は、フンワリまとめ髪


浴衣の髪型はふんわりアップで決まり!

和服の一種の浴衣は夏の風物詩の一つでもあり、花火大会や夏祭りなど夏になると、着る機会がたくさんあります。

普段とは全く装いが違う浴衣を着ているのに、髪形はいつもと同じでももちろん問題ありませんが、和の装いをしたら髪型も普段とは違うアレンジで、違う自分をアプローチしてみたいものです。

 

浴衣に似合う髪型にはいろいろありますが、その中でもやはり人気が高いのはアップヘア。

普段は髪を下ろしている人でも、こういう時には髪をアップにしてうなじを魅せると、異性のハートを鷲掴みにできます!

 

WS000038

出典:http://www.b2c.co.jp

特にセミロングよりも髪が長い人なら、思い切ってアップヘアに挑戦してみましょう。ヘアアレンジのテクニックがなくても簡単にできる方法はたくさんありますし、屋外でのイベントで髪型が崩れにくくまとめる方法もたくさんあるので、ぜひ参考にしながら自分に似合うピッタリのアップヘアを見つけてくださいね。

 

男性に受けが良いアップヘアは、フンワリとしたシルエットに仕上がるアップヘアです。ポニーテールやお団子ヘアをする際には、しっかり髪をまとめるのではなく、手ぐしでルーズな感じにまとめたり、後れ毛をフンワリさせて全体の印象を柔らかくしたりすると効果的です。

 

WS000039

出典:http://mery.jp

ただし、フンワリさせようと思って髪をまとめる時にゴムを緩めにしてしまうのはNGなので、気を付けましょう。

ゴムを緩くすると髪をしっかりサポートできないのでヘアスタイルが崩れやすくなりますし、ポニーテールやお団子の位置が少しずつ下に下がって、だらしないヘアスタイルになってしまうこともあります。

ゴムで止める際にはしっかり止めて、後から指や櫛(くし)で少し髪の束を引っ張り出すなどのテクニックを使うと、しっかり止まっているのに緩い感じのヘアスタイルに仕上がります。

 

 

浴衣を着る時には花火大会や夏まつりなど屋外でのイベントが多いので、できるだけ崩れにくいヘアスタイルにまとめたほうが安心です。セミロングなどで後れ毛がどんどん出てきてしまう心配がある人などは、サイド部分に編み込みを入れて、短い髪でも崩れにくくする工夫もおすすめです。

 

WS000040

出典:http://forcise.info

編み込みを入れる際には、あまりしっかり編むとキュッとした印象になるので、緩い感じで編むようにしましょう。

 

編み込みは緩く編んでも崩れにくいので、フンワリしたアップヘアを作る際にはぜひマスターしたいテクニックです。また、ポニーテールやお団子ヘアを作る際には、作る位置も後頭部ではなく、左右非対称な感じで少し右か左にずらしてみると可愛く仕上がります。

 

WS000041

出典:http://www.b2c.co.jp


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です