ショートでもできる髪型アレンジ方法


ショートヘアだと、可愛いお団子ヘアやまとめ髪もできないし、編み込みなども髪の長さが足りずに無理だから、とあきらめてしまっていませんか?

確かに、ショートヘアの場合には髪型をアレンジする際にも、ロングヘアと同じ方法では可愛くまとめることができません。

 

しかし、髪が短いという特徴を最大限に活用してオシャレ度満点なヘアアレンジをすることはできますし、時間をかけずに素敵な髪型を作ることもできます。

 

誰でも簡単にできるヘアアレンジ方法の一つに、ヘアアイロンを使う方法があります。

普段パーマヘアやくせ毛のショートヘアをしている人なら、ストレートアイロンで髪をスッキリストレートにすれば辛口でシャープな雰囲気になりますし、普段ストレートヘアの人ならヘアアイロンで巻いてカールを付ければ、フンワリとキュートな雰囲気に変身できます。

 

WS000015

出典:http://kamimado.viceviza.com

特に髪質がストレートなショートヘアの場合には、そのままでヘアアクセサリーをつけるよりも、アイロンで巻いてからアクセサリーを付けたほうが、留まりも良くなるというメリットがあります。

簡単にできるショートのヘアアレンジ法をご紹介しましょう。

まず、髪の表面部分をアイロンで軽く巻いていきます。あまり細いアイロンで巻くよりも、太めのアイロンを使ったほうがアレンジしやすくなるので、おすすめです。

 

髪全体をまいたら、頭の鉢の部分にサイドから手ぐしで髪を集め、ゴムでしっかりと結びましょう。この時、結び方が緩いとヘアスタイルが崩れる原因となるので、しっかり結ぶのがポイントです。

滑らないシリコン製のゴムを使うのも良いでしょう。そして、その結び目の上の部分のセンター部分をぱっくりとわけて、くるりと毛先をくぐらせてあげます。そうすることによって髪がねじれるので、全体的にオシャレな雰囲気に仕上がります。

 

WS000017

出典:http://matome.naver.jp

また、ショートヘアでもリボンを使うことで簡単にヘアアレンジができます。リボンはカチューシャ風に使いますが、結び目は運動会の鉢巻のように後ろで結ぶわけではなく、右か左に思い切り寄せて耳のそばで結ぶようにしましょう。

 

WS000018

出典:http://matome.naver.jp

この場合にも、あらかじめ髪をアイロンで巻いておいた方が、リボンを結んだあとに髪を遊ばせやすくなります。

アイロンを使う時間がない場合には、リボンを結んだあとに後頭部の部分を逆毛にして、ボリュームアップすれば、欧米のハリウッドスター風のヘアアレンジになります。

リボンが好きではないという場合には、一般的なカチューシャやターバンなどを利用するのもおすすめです。

 

WS000019

出典:http://mery.jp


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です