誰でも似合うセミロングの髪型アレンジ



スポンサーリンク


セミロングの場合、髪を伸ばしかけの時は、髪をまとめにくいし、また、ヘアアレンジもしにくい中途半端な長さだという理由で、セミロングを嫌う人も多いです。

しかし、実は、セミロングはオシャレなヘアアレンジがとってもやり易い長さなのですよ!

 

ロングヘアを目指して髪を伸ばしている人は、美容院にまったく行かずにじっと髪が伸びるまで耐えるよりも、こまめにカットしながらヘアアレンジを楽しめるセミロングにしたほうが、ヘアスタイルを楽しみやすくなります。

ロングヘアはやめにして、セミロングでヘアアレンジを楽しんでみてはいかがでしょうか!?

 

 

セミロングの王道とは

セミロングの髪型アレンジで王道なのは、ナチュラルヘアではないでしょうか。

特に気合を入れてヘアアレンジをするわけではなく、毛先を中心にして内巻きにすることで、育ちが良いお嬢様風のヘアアレンジができます。

 

そして髪を内巻きにすると清楚で洗練された印象になるだけでなく、誰でも美人に見せることができるので、勝負をかけたい時や初デートの時にはぜひおすすめです。

 

ある程度の長さがあるセミロングなら、ゴージャスなヘアアレンジもボリュームたっぷりに決まります。

例えばアイロンで髪を巻く場合にも、毛先だけを巻くとお嬢様風に仕上がりますが、根元から太めのアイロンでしっかり巻いていくと、根元から髪が立ち上がってまるでパーマをかけているような華やかなヘアスタイルに変身できます。

 

WS000049

出典:http://www.haircolle.jp

 

一方で髪が長くて重さによってカールがつきにくい事もありますから、アイロンを使う際には一度に挟む毛束の量を少なめにしたり、アイロンから外した直後の熱い髪は手のひらでクシュっと揉んで熱を冷やしてから話してあげることで、髪に癖がつきやすくなります。

 

セミロングで前髪がある人は、前髪の長さが長くなりすぎないように気をつけることも必要です。

髪全体に長さがあるので、前髪が長くて目にかかっていたりすると、なんとなく暗い印象を与えかねません。

前髪をつける場合には、目は完全に見える長さを維持するようにしたり、伸びてきたらサイドに軽くわけでおでこを見せるなどの工夫もしましょう。

 

WS000050

出典:http://beauty.rakuten.co.jp

また、髪をもっと伸ばしたい人や髪の量が多い人、髪が硬くてゴワゴワしやすい髪質の人は、思い切って髪をカラーリングして明るい色にするのもオシャレなヘアアレンジです。

 

髪のトーンやカラーが明るくなることによって、これまでは無造作でだらしなく見えていた髪型がオシャレに見えることもありますし、全体の印象が明るく軽やかになるので、髪が長くても重たい雰囲気になりません。

 

 

温かい季節にも、明るい色の方が活動的に見えるというメリットもあります。セミロングからまだまだ長く伸ばしたい時には、ぜひカラーリングにチャレンジしてみてくださいね。


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です