卒業式に似合う髪型はコレ(母親編)


子供が主役の卒業式に相応しい母親の髪型とは

卒業式では、着物や袴を着るのか、ドレスやスーツを着るのかによって似合う髪型は異なります。

子供が主役の卒業式は、これまで子供が成し遂げてきた偉業や成果を、卒業と言う形で厳かな気持ちで証書を受け取るイベントです。

そのため、主役の子供は華やかな衣装や髪型で式に臨んでも、父兄として参列する母親はあまり派手な服装や髪型ではなく、厳かなイベントにさらに神聖な雰囲気を与えるような洗練されてスッキリした髪型で臨むのがおすすめです。

 

和服編

例えば、子供の卒業式に和服で出席する場合には、髪は基本的にアップヘアがおすすめです。成人式のようなゴージャスに毛先を遊ばせるようなアップヘアではなく、夜会巻のように毛先があちこちに飛び出さないようにまとめた方が、スッキリした印象を演出することができます。

WS000055

出典:http://partydress-rental.jp

 

また、髪がミディアムヘアやショートヘアなどで夜会巻ができない場合には、ハーフアップできる場合には髪をねじってからハーフアップにしたり、ショートヘアの場合にはヘアワックスで毛先を遊ばせるなど、普段とは違う髪型をアレンジするのもおすすめです。

WS000058

出典:http://salon.rakuten.co.jp

ショートヘアなら左右非対称になるアシメトリーな感じでまとめるのも、ステキな感じに仕上がることが多いのでおすすめです。普段よりも思い切り分け目を右か左に1:9ぐらいで分けて、少ない側をピンやアクセサリーで止めれば、簡単に時間をかけずにアシメトリーな髪型が作れます。

WS000056

出典:http://www.hair-do.hk

 

ドレスやスーツ編

ドレスやスーツで卒業式に出席する場合には、アップヘアでも良いですが、父兄として落ち着いた雰囲気に仕上げるためには、ポニーテールやお団子などアップにしてゴムで結ぶ場所を、後頭部のハチの部分ではなく耳と同じラインか下の低い位置にすることで、グッと大人の印象を作れます。

WS000059

出典:http://weheartit.com

特にきらびやかなヘアアクセサリーを使わなくてもゴージャスに魅せるためには、ゴム止めする前に髪をねじってから止めてみたり、アップヘアにする前にヘアアイロンで髪を巻いて毛先をフンワリさせるなどの工夫も人気があります。

そしてハーフアップは時間をかけずにできるヘアアレンジですし、卒業式のようなイベント時にも華やかで洗練された印象を与えることができるので人気がある髪型です。

このハーフアップを作る際には、ただサイドの髪を後ろで止めるのではなく、サイドの髪を編み込みにしたり、軽くねじってからハチの部分でバレッタで止めると、オシャレで豪華な雰囲気が出ます。

WS000060

出典:http://hairmakestyle.blog.so-net.ne.jp

 

忙しい卒業式の朝だからこそ、時間をかけずにオシャレなヘアアレンジをしたいですね。


スポンサーリンク



袴(はかま)での卒業式に似合う髪型


袴に似合う髪型とは

大学生の卒業式と言えば、袴(はかま)で卒業式に臨む人が多いのではないでしょうか。同じ「和」の雰囲気を持つ着物と袴ですが、袴は大学生の卒業式ならではの服装として確立されている感があります。

WS000049

出典:https://www.hakama-rental.com

もともと袴は明治時代に広まった服装で、それまでは認められていなかった女性の「学校に通う」と言う社会進出に合わせて浸透したものです。

畳の上ではなく椅子に座りやすい服装、そして動きやすい服装と言うことで、着物の足の部分を男性の袴のように改良されたものなのです。

 

オススメは「はいからさん」!

そんな袴を卒業式で履く場合には、髪型も着物を着る時と同じような髪型ではなく、袴に似合う髪型がおすすめです。

イメージ的には、昭和の頃に漫画で大人気となった「はいからさん」をイメージすると、どんな髪型がに合うのか想像しやすいのではないでしょうか。

WS000050

出典:http://cinema.pia.co.jp

着物のように髪を全てアップにしてしまうわけではなく、ハーフアップにするのが袴にピッタリの髪型ですが、美容室では「袴に似合うヘアアレンジをしてください」と言っても具体的にはっきりイメージできないことも多いため、美容室で髪をセットしてもらう場合には、あらかじめ写真などを持参することをおすすめします。

WS000051

出典:http://tv-champion2.jugem.jp

そして卒業式や入学式のイベントでは、少しでも華やかさを出すためにヘアアレンジの前にアイロンで髪をしっかり根元から巻いておく人が多いのですが、袴を着る場合にはあまり巻きすぎると全体の印象がチグハグな感じに見えてしまうので、気を付けなければいけません。

アイロンで巻きたい場合には、毛先のみを巻くようにし、明治時代の女性を彷彿させるような美しいストレートヘアを楽しむのも、袴で式に臨む際の醍醐味かもしれませんね。

 

卒業式といえば生花でしょっ!

また、卒業式で袴や着物などの和服を着る場合には、髪にはアクセサリーをつけて豪華な雰囲気を出したいものです。

スワロフスキーなどのキラキラ光るアクセサリーも素敵ですが、卒業式ならではのヘアアクセサリーと言えば生花ではないでしょうか。

WS000052

出典:http://pnobuko.seesaa.net

 

WS000053

出典:http://item.rakuten.co.jp

ユリなど和の雰囲気を持つ花を一輪、カンザシのように髪につけるだけで、人工的なヘアアクセサリーとは全く違うレベルの華やかさを醸し出すことができます。

生花をヘアアクセサリーとして使う場合には、生花がカンザシの役割りをしてくれるわけではなく、花はあくまでも髪型を完成した後に最終的につけるワンポイントの飾りであることは理解しておかなければいけません。

ゴムやピンで髪が崩れないようにしっかりとヘアアレンジをした上で生花をサイドに飾れば、時代を超えてステキな和服美人に仕上がるのではないでしょうか。


スポンサーリンク



卒業式で華やかな髪型を作るコツ


卒業式では服装に合った華やかな髪型にしよう!

昭和の時代には、卒業式と言うと黒やグレー、紺色のスーツやドレスだったり、パステル系のワンピースなどが多かったのですが、最近では色とりどりのドレスやワンピース、着物などで卒業式に出席する人が多くなっています。

WS000044

出典:http://www.sanko.ac.jp

 

華やかなファッションにピッタリの髪型は、やはり普段通りのヘアスタイルではなく特別な時の華やかヘアがピッタリなわけですが、どんな点に気を付けたら華やかな髪型を作ることができるのでしょうか?

 

 

卒業式前日にシャンプーすべき理由とは!

卒業式の朝は、着物を着る人なら着付けて朝から忙しいですし、誰でも普段よりもてんてこ舞いな忙しさになるものです。

普段は朝シャンしている人でも、忙しい朝にシャワーを浴びて髪もシャンプーするとドライヤーで乾かすにも時間がかかってしまいますし、せっかくセットしても髪の内側に残っている水分によって髪型が崩れてしまったり、外の湿気などでせっかくセットした髪があっという間に崩れてしまう事にもなりかねません。

そのため、卒業式の時には髪は前日にシャンプーしておくことをおすすめします。

WS000045

出典:http://shop.salevoice.com

 

しかし寝ている間にも皮脂が分泌されるので、夜シャンでは髪にボリュームが出にくいということもあるかもしれません。その場合には、朝セットする前に軽くドライシャンプーで頭皮についている皮脂を取り除く方法がおすすめです。

ドライシャンプーを使うことによって頭皮や髪の皮脂が除去でき、髪にボリュームを出しやすくなります。アップヘアにする際には直前に軽くドライシャンプーをスプレーしておけば、ボリュームを出したり逆毛を立てるなどの作業も簡単にスムーズに、そして効率的に仕上がります。

 

あとは 華やかなヘアアレンジにするだけです

卒業式で華やかヘアを作るなら、編み込みや巻髪など、華やかに見えるテクを最大限に駆使すると良いでしょう。

例えば髪をアップにする場合でも、崩れやすいサイドは編み込みヘアにしたり、ゴムで結んだ毛先はカールをつけることで遊ばせて華やかな印象に仕上げることができます。

WS000046

出典:http://kamimado.viceviza.com

 

WS000047

出典:http://kamimado.viceviza.com

また、ヘアアクセサリーも小ぶりのものではなく大きくて存在感のあるものを選び、正面からもしっかり見えるサイドにつけるのが効果的です。

 

着物を着る場合には、コサージュの感覚でヘアアクセサリーとしてユリやバラなどの生花を使うのもおすすめです。

ただし、バラを使う場合にはとげの処理をしなければ頭皮に傷をつけてしまうので気をつけてくださいね。自分で花を調達する場合には、前日のうちにトゲの処理は済ませておくことをおすすめしますし、また、近くでブーケやコサージュを手作りしているお店があれば、卒業式に合わせて作ってもらえないか相談してみるのもアリです。

 

 

 

 


スポンサーリンク



ショートなら卒業式にはこの髪型がオススメ


普段からショートヘアで過ごしてきた人にとっては、卒業式だからと言って急に髪がロングヘアに伸びるわけではありません。

卒業式などのイベント時には、ロングヘアの方が普段とは全く違う自分を演出するヘアアレンジ法が豊富ですが、ショートでも普段とは違う髪型を作ることができます。

 

 

着物や袴などの和服で卒業式に出席する場合には、ロングヘアならアップヘアやハーフアップなどが人気ですが、ショートヘアならショートボブがカッコよく決まります。

WS000035

出典:http://kamimado.viceviza.com

 

ボブヘアにはカットが必要になるので、普段レイヤーが入った髪型を楽しんでいる人は、卒業式の時だけボブヘアにカットしてもらうということは難しいのですが、普段からボブヘアの人なら卒業式は短めのボブにし、ストレートアイロンでしっかり形を整えると素敵に決まります。

WS000036

出典:http://kamimado.viceviza.com

サラサラなボブヘアを作るためには、縮毛矯正をかけるのも賢い方法ですね。このボブヘアはそのままでも和服にピッタリですが、生花を飾りとしてサイドにかければ、とてもおしゃれな卒業式ヘアが完成します。

そして普段からレイヤーヘアを楽しんでいる人なら、ドライヤーとヘアワックスでボリュームアップな髪型を作るのもおすすめです。

お手本とするのはメンズのヘアアレンジ法で、ヘアワックスを上手に使いこなすテクニックが必要になるので、普段から何回か練習しておいた方が良いですね。

 

まずドライヤーでしっかり根元を立ち上げるように乾かしたら、ヘアワックスを手のひらにとって良くこすり合わせることでワックスを温めます。そして髪全体にワックスをなじませてあげれば毛先を思い通りに散らせますし、トップやフロントの髪も自在にアレンジできます。

 

WS000041

出典:http://yuigami.com

 

ただし、ワックスを使ってヘアアレンジする場合には、ワックスのつけすぎには気を付けましょう。 ワックスは髪の長さによって適量が異なりますが、少量を何回かに分けて使うことでつけすぎを予防できます。

目安としては、10円玉大~500円玉大ぐらいの大きさを手に取り、手のひらをこすり合わせながら指先までしっかりと伸ばし、ワックスがついている手で髪全体の形を仕上げると意識するとうまくいきます。

WS000040

出典:http://yuigami.com

そして最初は髪全体にワックスをなじませ、ポイントとなる部分は、後から少量をつけて形を整えたり、毛束感やボリュームアップをするとうまくいきます。

 

WS000039

出典:http://www.rasysa.com

加えてショートヘアでも、カンザシ風に生花を耳に差せばオシャレな卒業式ヘアが作れます。ワカメを思い切り右か左に寄せてアシメトリーにすれば、オシャレ度もさらにアップしそうですね。

WS000038

出典:http://en.bloguru.com


意外と難しい髪型!自分に似合うボブの見つけ方


自分に似合うボブを見つけよう!

一見すると、特別なヘアのお手入れもなければ毎日のスタイリングやアレンジなども必要がないボブは、髪のお手入れに時間をかけたくない人にピッタリの髪型と考えがちですが、髪質や顔の形によって自分に似合うボブヘアを見つけるのは、それほど簡単ではありません。

 

ボブと定義される髪型は、特にこのぐらいの長さがなければいけないというルールがあるわけではありませんが、ショートボブの場合でも耳ぐらいの長さが必要になります。

 

顔の形によって似合うボブの種類も変わります!

例えば丸顔の女性は、ボブにするなら長さが短いショートボブがとても良く似合います。

丸顔の人は髪が長いと顔の丸さが強調されてしまうので、ボブヘアにするなら耳の横ぐらいまで思い切りカットするぐらいだと、顔の丸さも目立ちません。

WS000029

出典:http://folk-media.com

また、丸顔の場合には前髪はできるだけ作らないようにしたほうが良いでしょう。おでこ全開の方が縦に長さが出るので顔の丸さが目立ちませんが、おでこ全開に抵抗がある人なら、前髪をサイドに流すなどしておでこを部分的にでも良いので見せたほうが魅力的に見せることができます。

WS000030

出典:http://folk-media.com

対して面長の人は、ショートボブでは顔の長さがより強調されてしまうので、ボブヘアにするなら少し長めのミディアムボブにしたり、グラデーションを付けた髪型にしたほうが、縦のラインが目立たなくなるのでおすすめです。

WS000031

出典:http://www.beauty-box.jp

面長の人はおでこ全開はNGなので、ボブヘアでも前髪を作ったほうが小顔効果が期待できます。また、逆三角形型の人は、ボブヘアにする場合にはストレートボブだと顎の三角形の部分が目立ってしまうので、サイドの部分をワンカールぐらい内側に巻いてあげると、顔の形をカバーしてステキに魅せることができます。

 

WS000032 

出典:逆三角型の顔に ふんわりカール

 

ボブヘアは、基本的にストレートヘアでストンとした雰囲気なので、頭の形やシルエットがきれいなことが似合う条件となります。

頭の形に自信がない人は、ボブではなく後頭部にレイヤーなどを入れて髪で遊ぶヘアスタイルの方が似合います。

また、髪質も硬すぎたり細すぎたりすると美しい均一感のある髪型へ仕上げることが難しくなってしまいますし、くせ毛や天然パーマの人は毎日のスタイリングが大変ですし、スタイリングによって髪がダメージを受けることも考えられるので、縮毛矯正をかけることもおすすめです。

クセストパーナビ(縮毛矯正サロンです)

 

髪質や顔の形などによってに合うかどうかが大きく分かれるボブヘアですが、どうしてもこの髪形を思い切り楽しみたい場合には、ウィッグを使うという方法もアリです。

 

激安ウィッグ通販専門店ACEHIGH(エースハイ)

ガールズウィッグ

アンジェリーク[Angelique]

 

WS000033

出典:http://acehigh.jp

ウィッグなら湿気などによって髪がまとまりにくくなってしまうという心配もないので、便利ですね。


オフとオンで使い分けたいメンズの髪型アレンジ法


メンズでも休日用のヘアアレンジを楽しもう!

レディースなら、オンとオフとで髪型をダイナミックにイメージチェンジすることはできますが、髪の長さがそれほど長くないメンズの場合には、ヘアアレンジしようと思っても他人からは全く差に気づかないということもあります。

 

オンとオフで髪型を変えることによって気持ちのチャンネルも切り替えることができますし、デートの時などには自分の違った雰囲気を演出できるので、異性からの視線を熱く感じることも可能です!

 

“オフとオンで使い分けたいメンズの髪型アレンジ法” の続きを読む


自分でできる卒業式の髪型を知りたい


自分でできる卒業式の髪型を知りたい

卒業式の髪型は、着物や袴を着る予定なら着付けをしている美容院でヘアアレンジも合わせて行ってくれることが多いので、予約を取る時にはヘアの予約も入れておきましょう。

 

着付けしている場所でヘアアレンジをしていない場合には、美容室にお願いしてヘアセットをしてもらうこともできますが、工夫次第では自宅で自分でサッと卒業式ヘアを作ることもできます。

 

 

衣装に合わせた髪型にしましょう

卒業式の髪型は、なんといっても衣装にあっていることが大前提となります。

 

WS000014

出典:http://hgu.jp

着物や袴のように和服で出席する場合と、スーツやドレスで出席する場合とでは、似合う髪型が異なりますし、ドレスやスーツのデザインや雰囲気によってもピッタリの髪型は異なります。

そのため、卒業式に何を着るかが決まったら、服に合わせて髪型選びをするのがおすすめです。

 

簡単にできる卒業式ヘアの作り方とは

ヘアアレンジに自信がない人や、どんな髪型が似合うかわからないという人は、簡単にできる卒業式ヘアの作り方のポイントを抑えておくと、技術がなくても高い完成度で仕上がります。

 

まずショートヘアの場合には、ストレートにするかヘアアイロンでカールをつけるかどちらでも良いのですが、分け目はアシメトリーにして耳元に大きめのヘアアクセサリーをつけると豪華に仕上がります。

 

また、ミディアムヘアよりも長い髪の場合には、思い切ってアップにすると良いでしょう。

その際には、ポニーテールよりもお団子ヘアの方が豪華な感じを出せますし、アイロンで巻いてからお団子ヘアを作れば、うまく作れなくても失敗することなく程よい感じに仕上がります。

 

WS000017

出典:http://allabout.co.jp

お団子部分に大きめの花などを差せば、一気に卒業式感が出ますね。

 

ヘアアレンジを終えたら、ヘアスプレーで固めよう! 

自分で卒業式ヘアを作る際には、時間がたっても崩れにくい工夫も必要です。屋内では長時間同じスタイルを維持できても、湿気があったり風が吹いている屋外では、ヘアスタイルはしっかり維持できる工夫をしなければ一気に崩れてしまいます。

 

髪型が完成したら、ハードタイプのスプレーを全体にかけてスタイルが長持ちするためのひと工夫をしてあげてくださいね。

こうしたスプレーにはいろいろなタイプがありますが、髪が長い人なら指が通るナチュラル感のあるスプレーが良いですし、ショートヘアの場合には思い切ってハードスプレーで髪型を固めてもOKです。

 

また、場合によってはウィッグを使うという方法もあります。ウィッグはあらかじめヘアがセットされていますし、帽子感覚でかぶるだけでオシャレな髪型になるので、自分が希望する髪型を自分の髪で作れない場合にはぜひ活用してみるのも良いでしょう。